7/17の学習記録

スポンサードリンク
Pocket

目次
スポンサードリンク

7/17の学習内容

進行度

~みんなが欲しかった! 簿記の教科書 日商2級 工業簿記(CHAPTER09、基本問題)

 コメント

本日は総合原価計算に含まれる仕損、減損の処理や材料の追加投入について学習した。

一つ問題ミスをして気づいたのが、問題文に与えられた価格は数量に基づいて必ずしも正しく按分されているわけではないということだ。

特に月初仕掛品数量=月末仕掛品数量及び当月投入数量=完成品数量となる場合の問題文にある月初仕掛品価格と当月投入価格についてだ。

上記のように月初と月末、当月と完成品が数量が同じ場合は価格も当然それに対応してると思われるが、実際計算してみると価格が違い正しく按分されていないことがわかった。

この手の問題は必ず計算して確認する必要があるということがわかった。

何度も繰り返し解きなおして2級の工業簿記は完璧にして1級にすすめたい。

 

使用した教材

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

読書、ネットサーフィン、ゲームが好きで、最近は観葉植物にはまっている40代後半にさしかかるサラリーマン。 ごく普通な平凡な家庭で育つ。
「金持ち父さん貧乏父さん」を読んでビジネスや投資に興味を持つ。
FXや仮想通貨を始めるが両方とも勝てず挫折。
メルカリで不用品を中心に売買 をはじめ物販の楽しさを覚える。
ある時Instagramでのひとつの広告との出会いからブログアフィリエイトをはじめることになり、現在に至る

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる